〇セブ島タクシー完全ガイド~乗り方からドライバーとの会話、支払いまで~

セブのイエロータクシー海外旅行でタクシーに乗車する際にいくつか注意する必要があります。

と言うのも日本のタクシーのように親切でないタクシーも中には存在したり、言葉が通じないや、不正な料金を請求したりすることもあるからです。

実際に外国人価格で商品やサービスを提供されて被害にあった方々もいますので、予め相場や経験談を調べておくことが重要になってきます。今回はセブ島のタクシー事情を説明したいと思います。続きを読む

セブ島旅行の両替、どこで・いつする?現地リポート

exchange海外旅行で知っておかなければ損をする内容に、両替の知識があります。
今回はフィリピンで使用されているフィリピンペソと日本円の関係について説明します。

最近では急激な円安の影響など外貨との為替が大きく変化するので予め確認してことが重要です。
ちなみに、セブ島のあるフィリピンはフィリピンペソという通貨を使用しています。そこで今回はセブ島ではどのように両替をすると安心なのか、またお得なのかをお伝えしていきたいと思います。続きを読む

セブ島の通貨事情・現地レポ~旅行で準備したい金額は?~

moneyフィリピンのセブ島は世界中からダイバーが集まる、ダイビングスポットとして昔から有名な島で近年多くの日本人が訪れています。
ところでセブ島の通貨や物価がどれくらいなのか事前に知っておかなければ旅行の予算を立てられません。

またセブ島と言っても広く、また遊び方は人によって様々なので一概に言えません。

数多く存在するアクティビティの中からどれにいくら使うのかしっかり計画を立てて予算を見積もることで旅行中を楽しく過ごすことができます。今回は平均的な予算やクレジットカードが使用できる場所などを中心に紹介します。続きを読む

5時間でいけるアイランド!フィリピンの絶景・奇景・珍獣9選

エルニドに浮かぶ船日本から時間にして約5時間の東南アジアの島国フィリピン。7000を超える島を有し、各島によって独自の文化も。いまだ日本人が立ち入っていない場所も多く存在する国でもあります。そんなフィリピンでも特にお勧めの景色、驚くべき奇景、あるいは動物たちをご紹介します!続きを読む

旅行前に確認!フィリピンの電気・電圧事情、現地リポート!

フィリピンで使える変圧器C型の写真

海外旅行で不安に思うのが電化製品が使えるかどうか。まず初めに、フィリピンの電気事情は日本と異なります。フィリピンの電圧は220ボルトで、周波数は60ヘルツであり、日本の電圧は100ボルトで、東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツと基本的に電圧が違います。

またコンセントプラグの形状はA、B3、C型と3種類存在しており、Aタイプのプラグでない場合は、日本製の電化製品を使用する際は、変換プラグと変圧器が必要な場合があります。変圧器も220ボルトまで対応している製品でなければ使用することはできません。

電源の供給はよほど田舎へ行かなければどこでも可能ですが、電力インフラが日本ほど整備されていない為、大雨や強風など悪天候下では停電も発生する場合があります。

ここでは、フィリピン滞在中に役立つ電気事情をひとまとめにお届けします!続きを読む

セブ島のアイランドホッピング ~人気の理由から費用まで ~

islandhopping3フィリピンのセブ島は世界中からダイバーが集まる、ダイビングスポットとして昔から有名な島です。その中でもアイランドホッピングはもっとも人気のあるセブ島の遊び方です。アイランドホッピングとはボートをレンタルしてセブ島近海の小さな離島へ遊びに行き、そこでシュノーケルやBBQをして楽しむ遊び方です。

ここではアイランドホッピングとはどういうものかというトピックから当日の流れやお勧めスポットまでご紹介します。続きを読む

セブ島でジンベイザメと泳ぐ~現地ガイドが疑問にお答え!~

oslob1

フィリピンのセブ島と言えばこのジンベイザメ(ジンベエザメ)ウォッチングがとても有名です。ジンベイザメとは世界一の魚類として有名で、日本では水族館の人気者です。その水族館の人気者ジンベイザメと一緒に泳げるのがここセブ島です。

多い時には20匹近くのジンベイザメが海岸近くまでやってきます。こんな機会は世界は広いとはいえ、なかなか体験できるものではありません。続きを読む